ほとんどの人たちって年齢が近いとか年下の女の人が好きっていうんじゃないかって思うんです。
実際、中学校の頃も高校の頃もそうだったんですけどね、皆んな同じぐらいの年齢の女の人がいいという話をしていましたし、年下が可愛くてしかたがないなんて話もよく耳にしました。
だけど僕は、高校ぐらいから年齢が近い女の人には興味を持てなくなってしまっていたのです。
テレビとか映画で見るような、ずっと年上なのに若々しいきれいな熟女フェチになってしまっていました。
年齢を重ねても若々しさを保ちつつ、やはり年齢相応の色香を持っているような女の人は、たまらなく魅力的な存在に思えてしかたがなかったのでした。
これに目覚めてしまってから、オナニーのおかずは必ず熟女ものでやってきました。
インターネット上には熟女のエッチな動画や画像がわんさかありますから、それらを見ながらチンコをシコシコやって最高のエッチな気分を味わっていたのです。
いつかは熟女とセックスしたいな、熟女のオマンコに突っ込んでみたいな、熟女の喘ぎ声を聞いてみたいなって考えていました。
大学生になる頃には完全な熟女好きになってしまってて、友達たちにも堂々とその話をしていきました。
「おまえマザコンかよ(笑)」
このように笑われてしまう事も多いんですけどね、でも好きなものはしかたがありません。
タレントさんなんかも若い子には興味を持つことがなくて、30歳以上で奇麗で若々しい人ばかりを見るようになっていました。
興味は持っていてもなかなか出会いのチャンスがない、特に美魔女ともなるとたくさん存在しているわけでもありませんからね。
僕の生活圏内では相手を探すことができず、ただひたすら想像の世界で楽しんでいくといった感じになっていたのでした。