確かに僕は熟女好きだし、年齢が離れた人とのセックスを望んでいました。
だけど、だけどですよ、誰でもいいわけじゃないんですよね。
美魔女とか美熟女とか言われるような、ステキで奇麗な人とのセックスを求めていたのです。
なのに、ぎゃるるで知り合って僕の前にやってきたのは柴田理恵でした。
正直超絶不細工なおばさんで、あんたで勃起するのはほぼ不可能だよ、そんなこと心の中で呟いていたのです。
しかし、断ることもできず、無理矢理ラブホテルに連れ込まれてしまったって感じに。
相手はすぐにシャワーしてバスタオル姿で出てきて、ベッドに横になって何だか強制的にやらされたって感じでした。
しかたなく体触ったりしていると「すぐに挿れて」と言い出してくるのです。
とりあえず挿入してズボズボやって発射したんだけど、その後はシャワーして着替えて「では約束の2万円を」とお金まで要求してきたのでした。
「ただまんじゃないの?」
思わず聞き返してしまったのですが「掲示板にホ別2と条件を書いておいたから、出さないと仲間を呼ぶ」と脅し文句を言われてしまい渋々現金を手渡してホテルを出たのでした。
まったく反応しないブサイクのおばさん、さらに行為が全てで30分。
いったいこの関係は何だったんだ?まるで狐につままれたような感覚に陥ってしまっていたのでした。
いくら夏前だからといって、怪談めいた体験なんかしないよな、これは何だったんだよ?と頭の中で何回も繰り返し呟いてしまっていました。
プロフ写メとはまったく違う汚いおばさんがやってきた、まったく反応しないセックスをした、しかも2万円までとられてしまったのですからね。
僕は何の経験をしたのか?僕はいったいなにをやっていたんだ?とにかく何もかもが分らない事だらけ、とんでもない事態に巻き込まれてしまったのだけは何とか確信を持つことができていたのです。